呪術廻戦254話ネタバレ: 虎穴に入らずんば虎子を得ず

呪術廻戦

呪術廻戦254話ネタバレ: 虎穴に入らずんば虎子を得ず | 日下部は宿儺の斬撃は呪力の起こりやモーションを見て勘で対応してきたが、この簡易領域なら少しはマシになるなと感じたようですが、そこに宿儺がさっきよりも強力な斬撃を飛ばしてきます!

スポンサーリンク

呪術廻戦254話ネタバレ: 虎穴に入らずんば虎子を得ず

簡易領域・居合『夕月』

ついに単独で宿儺に挑む腹を決めた日下部…!

堂々と宿儺の眼前に立ち、シン・陰流簡易領域・居合『夕月』を発動する!

宿儺は居合抜きの体勢を取る日下部を見て、斬撃を飛ばせる自分相手に居合で対抗してくると様子に少し困惑しているようです。

これまで宿儺は斬撃により術師達を幾度も見てきただろう目の前の日下部が居合で対抗してくるという事に対して、一瞬で終わるか以外に楽しませてくれるのかのどちらかだ、みたいな事を思っているんじゃないかと思いますが…

日下部は、簡易領域は対領域・対結界として必中効果を打ち消す事はできるが術式そのものを中和できるわけでない…だが、それはそれとしても簡易ではあろうとも領域は領域であり、この簡易領域の中では自分の呪力出力は向上し宿儺の術式は多少は弱まる効果はある…
何より有難いのは領域内に侵入したものに対してフルオート反射で迎撃する自分独自のプログラムを組み込む事ができる事だと自分に言い聞かせるように解説してくれていますが…

宿儺はそれを察したのか、様子見か日下部に斬撃を飛ばします!

日下部はそのプログラムにより宿儺の斬撃に身体が反応し、その斬撃を全て弾いて見せます!

宿儺はそれを見て悪くない反射速度だと感じ、存外楽しませてくれるのかというような心境になったようですが、それでもやはり足りないなとは感じているようにも見えます。

日下部は宿儺の斬撃は呪力の起こりやモーションを見て勘で対応してきたが、この簡易領域なら少しはマシになるなと感じたようですが、そこに宿儺がさっきよりも強力な斬撃を飛ばしてきます!

日下部はそれも凌いでみせますが、宿儺は腕を組んだままノーモーションで斬撃を飛ばしてきたようでプログラムが無ければやられていたと焦ったみたいですね…

また、宿儺はおそらく日下部のプログラムを見破っていてそれを試したのでしょうが、よく凌いだが次はどうかなと笑う…

その様子からして日下部は次は世界を断絶する『解』が来ると察します。

今の日下部にとって最も脅威なのは、やはり『解』ですよね…

通常の斬撃なら弾けるのでしょうが『解』については、それが通用するかは分からない…

しかし、おそらくはその対応策を日下部はすでに考えていて、答えを出しているからこそ、宿儺に真正面からぶつかる覚悟もできたはず…!

失敗すれば死に直結するような正に『居合』に相応しいようなシチュエーションになりましたが…

日下部は一体どんな対応策を見せてくれるのか!?

それは果たして通用するのか!?

虎穴に入らずんば虎子を得ず

日下部を最強の一級術師と評した冥冥、七海、五条による日下部の強さを語るシーンが描かれています。

冥冥と七海は、馬力で言えば自分達の方が上だが、日下部は勝つイメージというより負けるイメージが湧かない男なのだと語る…

剣術にも優れ技のバリエーションも多いし結界術も使える…

豊富な呪術知識に基づいた優れた分析・判断能力を持ち、応用の効く便利な男であり、冥冥は無人島に持っていきたい術師だと評しています。

五条はそれに加えて簡易領域という切り札も持っており、それも成立させる為に縛りが必要だったりするが、日下部は縛り無しで成立させられるし、その範囲もめっちゃ広いという…

そして今、日下部は術式対象の拡張に必要な溜めに入った宿儺の隙をつき、簡易領域を広げる!

また冥冥達の語りに戻り、冥冥はシン・陰流の居合は基本的にカウンター技で相手を誘い込むものだが日下部の場合は後から簡易領域を広げて相手を引き込める…
その簡易領域にはフルオート反応というプログラムがあると言う…

七海はその上で術式なしで一級術師に上り詰めた人が脳じゃなくて背骨で考えて襲ってくると表現していますが、つまり、日下部が簡易領域を拡大したという事は宿儺は侵入車であり、日下部のプログラムが反応するんですよね!

日下部はまるで宿儺に対して磁力で引っ張られるような感じで一瞬で間合いを詰め、斬撃の雨を降らせる!

七海はあれを捌く必要がない人間もいるが、捌ける人間は知らないという…

その斬撃が宿儺を襲いますが、宿儺が硬いのか、宿儺が斬撃で対抗したのかは分からないですが日下部の刀が折れてしまう!

しかし日下部の心はそれでも折れずコートを脱いで目眩しにしながら、日下部は宿儺に拳を叩き込む!

宿儺の斬撃を凌ぎながら日下部は宿儺に肉弾戦を挑む形になりましたが…

ミゲル参戦

日下部はこんなに頑張るなんて自分らしくないと考えているようです。

刀が折れた時点で日下部のプランは全て崩れたはず…

肉弾戦では五条ですらも敗れているわけですから、自分の打撃が宿儺に通用しないというのは痛いほどに自覚していると思います。

つまり勝ち目はないわけですが、日下部が逃げずに頑張り続ける理由とは…?

日下部は夜蛾さんのせいだと考えているようです。

恩人である夜蛾さんはもういないが、死人に口無しとはよく言ったもので、生きている人間は死んだ人間が言いそうな事を考えるしかない…

別に自分が命をかけて戦わずとも夜蛾さんは責めやしないし妹とタケルを合わせないなんて事はしない…

でも、少し悲しそうな顔はするだろう…

自分が命をかけない事じゃなく一緒に戦えない事に対して…

また、冥冥、七海、五条は日下部の強さは文句ばかり言うクセに知的誠実さは忘れない…つまり優しさだと言う…

日下部の強さつまり、非常に人間らしい優しさであり、今戦っている理由もその優しさに根ざした大切な人を失ったり悲しませたくないと言う優しさであるようですね!

しかし日下部は今はそんな理由なんてウダウダ考えている余裕などなく、今自分が退いたら宿儺はプレイヤーである三輪達も殺すんだと考え、また、ガキ共が命をかけて戦ってきたのに大人の自分が必死こかなくてどうするよ!と至極真っ当でシンプルな理由に行き着いたようです。

大人は色々な事を考えて真っ直ぐになれない事も多いですが、何を守りたいとか守らねばならない状況になった時には、やはり責任感は強くなるものですよね!

また、日下部にはもう一つ切り札があったようです!

シン・陰流『朧月』!

折れた刀に呪力を込めると、呪力による刀身が生まれ、それで宿儺の心臓を突こうとします!

しかし、宿儺は日下部が一撃必殺を狙うならすでに傷ついている心臓を狙ってくると見抜いていたのか、呪力の刃を指で挟んで止め、日下部に至近距離で斬撃を叩き込む!

日下部は胸にバツ印型の斬撃を受け倒れますが、そこに憂憂が現れて日下部を回収しようとします!

しかし、憂憂の背後に宿儺が立ち、そろそろ鬱陶しくなってきたと憂憂に斬撃を繰り出したようですが、憂憂は寸前で助けられ、宿儺は助けた人間を見て知らない顔だなと声をかける!

憂憂を救ったのは何とミゲル!

ここに来てミゲルが参戦してきたわけですが、もう少し早ければ日下部と連携できたのか?

いや、あの簡易領域では手出しできなかったのか?

そもそも、最初からいてくれたならプランもかなり違っていたのではないでしょうか?

しかし、心強い助っ人ですし、虎杖が回復すればまた面白くなりそうですね!

呪術廻戦255話ネタバレ

呪廻術戦254話ネタバレを以下のリンクに投稿しました。 無料の閲覧とディスカッションのためにぜひアクセスしてください。➡ 呪術廻戦255話ネタバレ

Comments

タイトルとURLをコピーしました