呪術廻戦229話ネタバレ: 0.01秒に満たぬ隙

呪術廻戦

呪術廻戦229話ネタバレ: 0.01秒に満たぬ隙 | 宿儺は五条の猛ラッシュを防いだ後の一瞬の隙に五条のサイコキネシスみたいな技で動きを操作されてしまうところから見ても、五条が身体能、認識、思考という面におけるスピードが上であるように感じられます。

スポンサーリンク

呪術廻戦229話ネタバレ: 0.01秒に満たぬ隙

五条が勝つ!

前回ラスト、五条は宿儺が何故魔虚羅を使わないのかという疑問を感じていましたが、その理由についての答えは出ていない様子…

出さないのか出しても意味が無いと考えているのか…?

しかし、宿儺も焼き切れた術式を反転術式で修復できるようになった今、それに意識を割いているような余裕もなく、また、出して来ないものを気にしていても仕方ないとも言える状況ですね…

また、乙骨は反転術式で術式を修復しているのは何かとんでもない無茶をしているのではないかと感じているようですが、前回ラストにて五条が鼻血を出した事について乙骨を更に心配させているようです。

おそらくイケメンである五条は鼻血なんか出さないような男だと思うのですが、そのイケメン五条が鼻血を出すという事は肉体の限界を超えるような負荷がかかっている証ではないかと思います。

絶対に無理をしているはずだと思いますが、一体何を犠牲にして術式を修復しているのでしょうか?

二人の戦いは現状同じことの繰り返しみたいになっているようですね…

宿儺が五条の領域を外側から破壊するまでの3分間で五条は宿儺に領域を保てなくなるくらいのダメージを与えねばならないという状況であり、それは不利に思えるが仮に無量空処を数秒でも浴びせる事ができれば行動不能になるとも言える状況でもある…

これまで五条は宿儺との戦いで先手を取り続けられていると感じられますから、やはり少しだけ五条の方が実力が上であるように思えます。

術師達は3分以内に伏魔御厨子を崩す事ができたなら五条が勝つと話し、それは可能だと見ているようですが、このまま無限に同じような事を繰り返していれば、やはり人間である五条にも体力と呪力に限界がくるんじゃないかと心配ですね…

更に五条は明らかに命に関わるような何かを犠牲にしながら戦っているでしょうから、いつかそのツケを払わねばならない時がくる…

その前に宿儺を完全に倒し切る必要があるんじゃないかと思います。

まだ大丈夫そうには見えますが…

0.01秒に満たぬ隙

二人はまた同時に領域展開し、結界内での格闘戦を開始!

最初から感じられる事ですが、格闘戦では五条の方が上みたいですね…
おそらく普通の感覚ならごくわずかの差なんでしょうが、この二人のレベルだからこそ明確な差となって現れる…
体格差が関係しているのかも知れないですが、それよりも五条はスピードで上なんじゃないかと思いますね…

宿儺は五条の猛ラッシュを防いだ後の一瞬の隙に五条のサイコキネシスみたいな技で動きを操作されてしまうところから見ても、五条が身体能、認識、思考という面におけるスピードが上であるように感じられます。

このまま戦い続ければ、いつか宿儺に大ダメージを与えられそうですが、時間は3分と限られていますからね…

まるでラウンド制の格闘技の試合みたい…

しかし、やはり宿儺は魔虚羅を出さない…

魔虚羅を出せば少なくとも隙を作る事くらいは出来そうですが…

そして宿儺は格闘戦で圧倒された末に顔を半分を吹き飛ばされてしまったように見える大きなダメージを受けてしまいますが、それと同時に宿儺は五条の結果を破壊する!

術師達はハラハラする展開に緊張しっぱなしですが、今の様子を見るに領域内の格闘戦から五条が上である事を確信し、勝機を感じているようです。

これを続ければ勝てるというムードになってきたわけですが、それが更に強まる状況に…!

宿儺は領域が消し飛んだ直後、五条に吹き飛ばされますが、その時に反転術式を顔面の修復に使ったようです!

その直後更に二人は領域展開しますが、乙骨と日車が五条の方がワンテンポ領域展開かわ早かったんじゃないかと口にします。

おそらく顔面のダメージは修復を必要とするくらいに深刻だったのでしょう…
宿儺はその治癒に反転術式を使ったせいで、わずか0.01秒にも満たない時間ながらも領域展開のタイミングで遅れをとってしまった!

しかしこれ、乙骨が気づいたのは何となくわかりますが、日車が気付けたのは凄いですよね!

日車はもしかしたら乙骨並みに才能があると言う事だったりするのかも知れない…

というよりも、これは完全に五条のターンになったという事になりますよね!

魔虚羅召喚

この二人のレベルでは0.01秒も致命的な遅れになるようで、宿儺は完全に無量空処を喰らってしまったようです!

宿儺は為す術なく胸に五条の一撃を受けてしまい、そのダメージにより、最後の領域展開から2分40秒後に五条の領域内で伏魔御厨子を崩壊させられてしまう…

大勢決したかと思うところ、宿儺は何故か何の行動も見せず、目を見開いて仁王立ち…!

それを見た五条は宿儺はまだ終わっていないと感じたのか速やかに命を断つ為に、最低でも心臓、肺、肝臓を潰して置くために一気に間合いを詰めます。

五条は宿儺がまだ何かしてくると直感したのでしょうが、やはり宿儺はその何かをやってきます!

宿儺は今このタイミングで魔虚羅を召喚!

五条は何故魔虚羅を使ってこないのかと疑問に思っていたわけですが、それをこのタイミングで使ってくるのかと、これも疑問に感じているようですが、無量空処に適応する前に一撃で破壊してしまえば問題ないとすぐさまそれを実行します。

五条は使ったとしても一撃で破壊される可能性が高いというのが宿儺が使わない理由ではないかとも考えていましたが、使ってきたという事は一撃で破壊されないからだったりするのではないかと思います…

五条はおそらくそれも頭によぎりながらも魔虚羅を破壊しようとしますが、魔虚羅は何故か既に無量空処に対応してしまっているようで、魔虚羅は内側から結界を破壊してしまった!

五条は状況が把握できていないようですが…

宿儺は伏魔御厨子が崩壊した後に仁王立ちになっていましたが、見ようによっては魂が抜けたようにも見えました…

もしかしたら宿儺は何らかの方法で魔虚羅と合体しているような状態になっていたりするのでは?

それによって無量空処から脱出した…?

これまではそれをする為の時間稼ぎとこれを悟らせない為のブラフみたいなものだったのか?

これは一転して五条が大ピンチになったという事になるのでしょうか?

呪術廻戦230話ネタバレ

呪廻術戦230話ネタバレを以下のリンクに投稿しました。 無料の閲覧とディスカッションのためにぜひアクセスしてください。➡ 呪術廻戦230話ネタバレ: 術式回復の仕組み

Comments

タイトルとURLをコピーしました