呪術廻戦225話ネタバレ: 当事者同士も予測不可能?

呪術廻戦
#post_seo_description

呪術廻戦225話ネタバレ: 当事者同士も予測不可能?それについては五条の性格の悪さと六眼でそれが見抜けないとは考えられないし、実際にそうだったとしたら五条はすでに領域を展開しているだろうと話になりますが、それは二人の処理能力の速さを見るに今そうなっていない事から間違いないと思えますね…

スポンサーリンク

呪術廻戦225話ネタバレ: 当事者同士も予測不可能?

#post_seo_description

宿儺の領域展延

人智を超えた超能力者バトルみたいになっている五条VS宿儺のタイマンを見守る術師達…

術師達は無下限呪術で絶対不可侵という要素を持つ五条に対し、宿儺は領域展延という要素でそれを中和するという手段で対抗してきたと見ているようですが…

正直なんのこっちゃという感じでよくわからないですが、それを術師達の会話によって説明してくれるみたいですね…

領域展延というのは渋谷で特級呪霊が五条に使った無下限呪術対策だったが、それは確かに五条の領域を中和できている…

しかし、その理屈がわからない…

日下部はあくまで感覚的な話だが簡易領域を更に練り上げたものであるように感じられる…
術式を付与しない領域を纏う事により、その空いた容量に相手の術式を流し込んで中和しているだというような事を言っていますが、その理屈が合っていたとしても自分に同じ事ができるとは思っていない様子…

見た目にはどうなっているかわかるが、どうやっているかは分からないという事なんでしょうね…

他の術師達も感覚では理解できるが、やはり日下部と同じくどうやっているのかはわからない…

天使は領域展延は生得術式との併用が不可能だとというデメリットがあると発言しますが、やはり天使は現代の術師達には理解し難いようなレベルの事についても詳しい知識を持っているようですが…

天使がいうデメリットはおそらくまだ人智が及ぶようなレベルの存在による領域展延についての言及であり、宿儺がそれに当てはまるかという事もあったようですが、天使から見るにどうやら宿儺もその例外ではないように見えるという…

パンダはさっきから話を聞いていると、それは宿儺がほぼ術式無しというような条件で五条と渡り合えているという意味になるんじゃないかと発言しますが、確かにそういう状態にはあるのではないかと思えますね…

その状況は、仮に五条が領域展延以外の手段で無下限呪術を攻略されてしまうと宿儺に勝てる要素が無くなるという事にもなる…

宿儺は浴によって力を増しているのは間違いないでしょうから、今はそれも大きく影響しているのでしょうが、伏黒の肉体もほぼ完全に近い状況で支配しているでしょうから、どこまで力を増しているのか分からず、また、頭のキレ具合も相当ですから何を考えているか全く分からないですし、非常に不気味ですよね…!

当事者同士も予測不可能?

現状がそうだとしたら、なぜ宿儺は領域を展開しないのか?

領域展開直後は術式が使用困難という状況になるのだから、宿儺はまず領域の押し合いを挑むべきだと思うが、なぜしないのか?

それ以前に領域の必中効果は五条の術式を貫通するのかという問題があるが、五条本人は貫通すると話していた…

なら、宿儺は領域の押し合いでは五条には勝てないと考えているのか…?

それについては五条の性格の悪さと六眼でそれが見抜けないとは考えられないし、実際にそうだったとしたら五条はすでに領域を展開しているだろうと話になりますが、それは二人の処理能力の速さを見るに今そうなっていない事から間違いないと思えますね…

それについて脹相は、そもそも領域の押し合いにならないんじゃないかと発言する…
虎杖と狗巻の話をからするに宿儺は領域展開する時に結界を閉じないんだろうと思えると…

その発言に対する術師達のリアクションは『あり得ない』で統一されていますが、日下部はそれが理解できていない三輪にペットボトルの水を指先さして、そこの水を投げてくれというと三輪はいう通り水が入ったペットボトルを投げてよこします。
しかし、日下部は俺は水が欲しいだけでボトルはいらないと投げ返す。
三輪は唇を尖らせながら、それならとこういう事かとボトルの封をきり、中の水を日下部の顔面にひっかけますが…

結界を閉じずに領域展開とするというのはそういう事みたいです。

それはハードなしにソフトを再生するような常識では考えられないような話…

しかし真希は伏黒の不完全な領域は結界を閉じなかったがあれはどうなると尋ねる…
それについては、あれは建物やらを外郭に使ったというものに過ぎず今している話から低次元の話…

結局のところ領域の押し合いにはならない…
最終的には必中効果の件も含めて結界の外郭の押し合いになる…

そもそも領域展開は呪力の消費が莫大だけに二人とも簡単には使わないというだけの話なんじゃないかと言う事になりますが、そもそも二人とも領域展開を連発したとてびくともしないような尋常ではない呪力量を持っているのだから、それもまた違うんだろうなという話になる…

結局、観戦している術師達には答えが出せないわけですが、それはもしかしたら、当事者二人も同じであるという可能性も…

つまり誰にも予想はつかないレベルの戦いであるという事なんでしょう!

同時領域展開

術師達がそんな話をしているそばから当事者二人が突然の同時領域展開!!

二人とも、おそらく何らかの答えに行き着いたんでしょうね…

領域を展開したなら、これまでの二人からすれば小競り合いみたいな肉弾戦とは全く状況が変わってくるわけですから、肉弾戦をしている中で、戦いの行き着く先が何となく見えたというところなんでしょう…

もしどちらか一方が誘い、どちらかが誘いに乗ったような状況だったなら、誘った方は何かの準備をしてから誘ったでしょうから有利なんじゃないかと思いますが、二人とも不敵な笑みを浮かべの領域展延ですから全く分からない…

二人は全くの互角…!

五条の結果内では二人の必中命令が打ち消し合っている状態にあるわけですが、もし仮にどちらか一方が大きなダメージを負い領域が崩壊してしまったなら、そちら側には即座に必中効果を持つ術式が襲いかかってくるというギリギリのせめぎ合い…

術師達はその状態を見て、はじめて宿儺の優位性に気づく!

互角…

それは結界内ではという話…!

宿儺の領域の効果範囲は五条の領域の外郭より外側にまで達している…

領域の結界は外側からの攻撃には脆い…!!

同時領域展開を誘ったのは宿儺だったのか?
五条はまんまとそれにハマってしまったのか?

ついに五条の領域の結界は砕けてしまい、宿儺は伏黒の顔で五条に邪悪に歪んだ笑みを見せつける!

おそらく時間にすれば、ほんの一瞬という間の出来事だと思いますが、五条は必中効果が付与した宿儺の術式を受け、首を切られてしまう…!

これが致命的ないダメージになるのか、あるいは五条にはまだ秘策があるのか?

これで終わりというのはあり得ないと思いますが、やはり宿儺は改めて怪物であると感じさせられますね…!

呪術廻戦226話ネタバレ

呪廻術戦227話ネタバレを以下のリンクに投稿しました。 無料の閲覧とディスカッションのためにぜひアクセスしてください。➡ 🫢呪術廻戦226話ネタバレ: 五条反撃!

Comments

タイトルとURLをコピーしました