呪術廻戦253話ネタバレ: 最強の一級術師

呪術廻戦

呪術廻戦253話ネタバレ: 最強の一級術師 | 日下部は他の術師達に比べ非常に常識人というか、感覚が非術師に近く、死にたくないという思いが強い事にから危険な敵との戦闘は極力避ける傾向にあるわけですが、強者達が口を揃えて『日下部』と答えているわけですし、その実力はやはり本物であるのは間違いない…

スポンサーリンク

呪術廻戦253話ネタバレ: 最強の一級術師

最強の一級術師

冒頭は誰かが『最強の一級術師は誰?』という質問を実力者達に投げかけている様子が描かれています。

冥冥は『日下部』と答える…

七海は、状況次第だが『日下部』と答える…

五条は、御三家を入れたら話は変わるだろうが『日下部』と答える…

その日下部当人は、自分と宇佐美以外の『誰か』と答える…

日下部は他の術師達に比べ非常に常識人というか、感覚が非術師に近く、死にたくないという思いが強い事にから危険な敵との戦闘は極力避ける傾向にあるわけですが、強者達が口を揃えて『日下部』と答えているわけですし、その実力はやはり本物であるのは間違いない…

今、そんな日下部が一番死の確率が高いであろう敵、宿儺を相手にしているわけですよね…

五条が倒され、乙骨が撤退した今となっても、まだ日下部は消極的な様子で、やはり死を覚悟して真正面から戦いを挑むような事は避けたいようですが…

今はただ、裏梅がまだ本気を出していないという宿儺を真希が倒してくれる事を祈っているのかも知れないですね…

そして今、真希は宿儺と激しい肉弾戦を継続中…

宿儺は呪力によって心臓を動かしながら真希と戦っている状態であり、真希はそれを理解していて優位に立っているわけですが、やはり宿儺は怪物!

真希と互角に渡り合っており、二人は周囲を破壊しながら人間サイズの闘いとは思えぬような闘いを見せているようです。

ビルが一つ倒壊したり、車を投げたりと、もう滅茶苦茶ですが、これが宿儺の本気なんでしょうか?

裏梅が言っていた本気は単に肉弾戦でも真希に劣らぬ力を持っているというだけの意味とは到底思えない…

追い込まれた状態でも、それを楽しむように不敵な笑みを浮かべながら闘う宿儺は真希に的確に攻撃をヒットさせていますが、そこに覆面の猪野が背後から宿儺に攻撃しようと狙う!

宿儺がそれに気付かぬわけはなく猪野に斬撃をお見舞いすると、そのまま腹に強烈な蹴りを叩きこみますが、宿儺は猪野が持っていたはずの鉈のような呪具を持っていない事に気づく…

その時、宿儺がいるビルの上の階から日下部が宿儺の頭を狙って猪野の鉈を振り下ろしますが、宿儺は猪野が鉈を持っていないと確認した時にすでにそれを察していたようで、日下部の攻撃をかわすと日下部を壁に叩きつけ、再び真希との戦闘を再開!

宿儺の高揚

日下部のカバーとして真希が突っ込んできて宿儺を弾き飛ばしますが、やはり日下部はそれなりにダメージを受けている模様…

日下部は初めて宿儺の攻撃を受けたのではないかと思いますが、やはり一撃の重さはケタ違いなんでしょうね…

真希は先程までよりも、もう一段上のスイッチが入ったように表情が更に獣じみた感じになり、宿儺を更なる追撃で吹き飛ばしますが、その意図は日下部と猪野を宿儺から遠ざけ、また、自分の動きに彼らを巻き込まない為だろうかと思われます…

真希はそばにある数本の柱を斬りながら、再び宿儺と距離をとりますが、乙骨が助かってもこのまま戦闘が長引けば他の問題が生じてくる可能性が高い為、このままここで宿儺を仕留めようとしているようです。

他の問題とは、やはり日下部や猪野、また虎杖の生命の危機という問題なんでしょうね…

先程、日下部の危機を救ったように、真希としても誰かに危険が及べば、その隙を狙うよりも誰かを守る事を優先してしまうでしょうから、それは自分の隙にもなり、致命傷に繋がる恐れもある事で、真希としては守るべき者達から離れた場所で宿儺とケリをつけたいのでしょう…

一方、宿儺はやはり真希との戦闘に喜びを感じているようです。

五条を倒した後、宿儺はおそらく少しの喪失感と虚無感をおぼえていたと思われますが、その後、鹿紫雲、日車、乙骨が立て続けに挑んできて、それぞれが一品の呪術の才で宿儺をもてなした…

おそらく、どれも宿儺の舌を楽しませるものではあったのでしょうが、五条の後ではやはり味わいも薄かったのではないかと思われます…

しかし、宿儺にとって、やはり真希は『珍味』という感じの存在でたるようです。

呪術を捨て去った天与呪縛である禪院真希…

宿儺はその存在に対して高揚しているようです。

呪術が無くとも、肉体の力のみで自分と渡り合う力というのは、宿儺も欲しい力であると思いますが宿儺には得られないもの…

舌で覚えても真似できない料理みたいなものでしょうし、それだけに自分が更に美味しいものになる必要があり、そうなりたいとも思っているんじゃないかと思いますね…

真希は斬った柱に蹴りを入れ、それがダルマ落としの要領で柱から飛び出し、いくつもの大きなコンクリートの塊が一気に宿儺に襲いかかりますが、宿儺は一瞬で姿を消し、次の瞬間には真希の眼前に現れて真希の顔を掴みます!

真希はそれを回避していますが、宿儺はここに来てスピードが上がっているのではないでしょうか?

宿儺は虎杖のような半端者ではなく全てを削ぎ落とした真の虚無だと真希を評価しているようですが、この世に二つとない未知の珍味はやはり、宿儺に喜びを与えているようです!

日下部が覚悟を決める!

宿儺は真希に対して、呪術は所詮皮や肉でしかなく、その肉体こそが骨と髄であるというわけかと笑いながら問いかける!

無論、真希がそんな問いを相手にするわけないですが、宿儺はその答えも聞かずに話を続ける…

お前はお前の存在自体が術師を否定しているとわかっているのかと!

自分と真希との闘いは、呪術と肉体、どちらが鍛え上げるに値するものであるか、それを決するのがこの闘いなのだと宿儺は叫びながら真希に一撃を繰り出し、真希はそれを止めますが、その一撃の威力が増している事から、真希は宿儺が反転術式での治癒を中断している事を察します。

つまり、宿儺は戦闘に呪力を全振りしているという状態になっているわけですが、宿儺がそこまでするのは、肉体よりも呪術が上だと証明しなければならないという術師としての使命を感じているからであるようです!

宿儺は真希に対して、自分に使命を背負わせた奴は初めてだと言いながら、真希の腹部に黒閃の一撃を繰り出す!!

その一撃は真希の腹部に深く突き刺さるように直撃し、真希は吹き飛ばされてしまいます!

おそらく死んではいないだろうと思いますが、これはしばらく起き上がれないでしょう…

宿儺はそのまま呪術が上だと証明するために真希にトドメを刺しにいくものと思われますが、その状況を上から見ていたのがダメージを回復したらしき日下部…!

今この場にいる最後の一人となった状況…

虎杖、脹相、冥冥らはどうなっているとか、自分以外に誰かいないのかと頭の中では自分が単独で宿儺に挑むというシチュエーションを回避する為の手段を考えているようですが、今はどう考えても自分が行かなくてはならない状況…

完全に勝ち目が無いならさっさと撤退できたが、今は勝ち目がないわけでもないという状況…

日下部は『ここまで来たらやるしかねぇよな?』と自分に問い掛け、ついに覚悟を決めたようですが、どうやら宿儺は日下部の存在に気づいたようで、もはや奇襲は叶わず真正面から行くしかない!

他のメンツがやってくるまでの時間稼ぎなんて半端な覚悟は通用しない、それは逆に命取りになるというような事を日下部は考えているでしょうし、やるなら死ぬ気でいかないと迷いがあれば一瞬でなます斬りにされてしまうでしょうから、日下部にもその展開は見えているはず…

やらねばやられるという状況で、ついに五条達がいう最強の一級術師の実力が披露されるのでしょうか!?

宿儺との闘いに自分など邪魔になるだけみたいに言っていた日下部が『まさか…』をやってのけるのでしょうか…!?

呪術廻戦254話ネタバレ

呪廻術戦254話ネタバレを以下のリンクに投稿しました。 無料の閲覧とディスカッションのためにぜひアクセスしてください。➡ 呪術廻戦254話ネタバレ

Comments

タイトルとURLをコピーしました