呪術廻戦250話ネタバレ: 乙骨が捌まで使用!

呪術廻戦

呪術廻戦250話ネタバレ: 乙骨が捌まで使用! | それは高専の術師達がそれだけの防御力を持つほどに成長してきたと言う事であり、また、虎杖が反転術式を会得してきた事、乙骨の必中術式も自分だけを対象として絞れている事について、それはかなり高度な結界運用であり、元からできた事なのか、或いは…と宿儺は二人に対し、この1ヶ月何をしてきたと尋ねます…

呪術廻戦250話ネタバレ: 乙骨が捌まで使用!

真贋相愛

前回ラストにて乙骨が展開した領域『真贋相愛』!

冒頭では、それが詳細に説明されています。

真贋相愛は乙骨が術式によってコピーし、ストックしている数多の術式の中から一つを選択して必中術式として結界に付与するというものであるようです。

使用するコピー術式以外のコピー術式は領域内に突き立っている無数の刀に宿っていて、乙骨だけがその効果を引き出す事ができるようですが、どの刀に何の術式が宿っているかは乙骨もそれを手にするまで分からないというランダムなものであり、刀はそれに宿る術式を一度使用すると消滅するようですが、本数に制限はないというような側面もあるようです。

おそらく、乙骨は手にした刀に瞬間にそれに宿る術式を把握できるのだろうと思いますが、それにより瞬時に使い方を判断する必要があると思えます。

しかし、乙骨がその状況だとしたら、攻撃を受ける側はもっとどんな術式が飛んでくるか予想できないとも言えますよね…

宿儺は冷静に思考しながら戦うような雰囲気ですが、全く予測不能と言えるだけに、かなりやりにくいだろうと感じられますね…

しかも、乙骨にはリカという宿儺にしてもかなり厄介だろう武器もあります。

また、魂を捉えるという攻撃を繰り出してくる虎杖がいるのですから、宿儺もやはり余裕というものが消えているような感がありますね…

乙骨からの攻撃を回避したり防御したところに虎杖とリカが攻撃してくるわけですから、宿儺には休む暇がない…

また、虎杖の攻撃は防いでも宿儺をぐらつかせているようですが、それは宿儺の魂に直接ダメージが通っているというのを意味している感じですね…

宿儺は今の自分は五条との戦闘の影響で依然として領域は使えず、反転術式の効きも鈍いという状況であり、呪力総量も乙骨と同程度くらいであろうと自己分析しているようです。

また、術式対象を拡張する世界を断つ『解』は『彌虚葛籠』を維持しながら使う事はできないという状況でもあるようで、今はどうやって勝つかを考えながら戦っているようです。

意外に余裕があるのかとも思いますが、それは前回乙骨が見たように宿儺が徐々に回復している為に今の窮場を凌げば状況は変わるというような事を計算に入れての事でしょうね…

だからこそ、乙骨達は今、1秒でも早く宿儺を仕留める必要があるのだと思いますが、やはり宿儺は最強の名に相応しく、窮場でもそれなりに凌ぐんですよね…

生来の天才みたいな存在であっても修羅場を潜り抜けてきた場数が違うのだろうと感じられます!

虎杖の攻撃

宿儺が乙骨の相手をしている間にリカが虎杖を掴んで宿儺に虎杖を投げつける!

側からみれば無茶苦茶ですが、二人はちゃんと意思疎通し連携してそれをやっているようですね!

虎杖はまるで長い滑り台を滑っていくような防御体制をとっていてリカの投擲を最大限に活かして宿儺の左腕にとりつき、組みつきます!

腕ひしぎの状態で宿儺の腕を極めますが、本来なら全く効かないようなそれも、今の虎杖の攻撃は宿儺には非常に厄介であるようですね…

虎杖は宿儺と伏黒の魂をの境界を的確に知覚しており、そこに的確に攻撃を打ち込んでくる…

それは浴で沈めている伏黒の魂を叩き起こす事にもなり、宿儺と伏黒の肉体の同調を阻害する効果があるようです。

虎杖の攻撃を受ける度に伏黒の魂の影響が大きくなるのか、宿儺の呪力出力は低下し、肉体のコントロールが鈍ってくる…

だからこそ、ぐらつくんでしょうね…

宿儺はおそらく『彌虚葛籠』を維持できなくなるまで自分の力を持って削り、リスクは承知の上で天使の『邪去侮の梯子』で伏黒の中の呪物、つまり指を消し去るつもりなんだろうと、乙骨達の作戦が見えてきているようです。

虎杖に腕を極められながら、乙骨の相手を続ける宿儺…

まさに怪物という感じですが、今乙骨が握った刀には呪言の術式が宿っていたようで、乙骨は宿儺に『動くな』と言う呪言を放ち、それが必中した宿儺は動きを止める!

乙骨はすかさず別の刀に持ち替えますが、その刀に宿っていたのはまた『宇守羅彈』だったようで、宿儺はその必中を受けて吹き飛ばされますが、空中で無防備になっている宿儺にリカが両側から挟み込むようなパンチで宿儺を潰そうとする!

宿儺はそれは防いだものの、さらに追撃を受けて地面に叩きつけられる!

その宿儺に更に畳み掛けようと乙骨と虎杖が走る!

しかし、宿儺はさほどダメージを受けていないようで、すぐに体勢を立て直し反撃する為に二人を待ち構える!

乙骨が捌まで使用!

宿儺は迫り来る乙骨と虎杖に、まるでカウンターのように解を繰り出します!

加速していたためか、二人は避けきれず、浅いながらも斬られてしまう!

しかし、それ以上の追撃を防ぐ為か宿儺な頭上からリカが攻撃を繰り出す!

しかし、宿儺はそれも見切っていてリカの顔面を蹴って撃退しながら解でリカに攻撃しダメージを与える!

直接触れて解を繰り出していますが、ここであの石流が宿儺が直接触れて解を繰り出してさえ、硬いと感じられる事が判明していますね…

宿儺にとって、石流はリカより硬い存在だったようです!

しかし、それは乙骨と虎杖にも言える事であり、自分の呪力出力が落ちているとは言えど直接触れないと斬れないと見ているようです。

それは高専の術師達がそれだけの防御力を持つほどに成長してきたと言う事であり、また、虎杖が反転術式を会得してきた事、乙骨の必中術式も自分だけを対象として絞れている事について、それはかなり高度な結界運用であり、元からできた事なのか、或いは…と宿儺は二人に対し、この1ヶ月何をしてきたと尋ねます…

虎杖は努力と根性と答えようとしますが、乙骨がズルをしたと答える…

乙骨は宿儺に五条戦の後遺症が無ければ全滅していたと気を引き締め、虎杖は乙骨の領域内でケリをつけないと後が怖いと同じく気を引き締める…!

また、宿儺は乙骨が未来予知まで会得している事を察します。

天使の邪去侮の梯子…
宇守羅彈…
式神の起動に不可侵の結界をはる術式…
呪言…
未来予知…

六眼なしでは無下限呪術はないだろうから、それはないとして、大体は手が出揃ったかと宿儺は判断したようです。

乙骨は、宿儺でも初見の術式なら必ず隙ができると見ており、宿儺の考え通り、まだ手を出し尽くしているわけではない…

乙骨は側にあった刀を握ると『きた!』と、任意の術式を引き当てた事を察したようで、その刀を宿儺に突き出す!

宿儺は単純なその突きを両腕で捕まえますが、その瞬間、乙骨が『捌』と口にする!

乙骨はさっき喰らったばかりの捌をコピーし、それが宿った刀を引き当てたようです!

まさか自分の術式で斬られるなど宿儺も想定できなかったようで、宿儺はそれをまともに受けたようですが、宿儺もやはり硬いでしょうから、傷は浅そう…

しかし、何だか五条の時よりも希望がありそうですよね!

宿儺が考えているのが乙骨VS虎杖の作戦の全てではないでしょうし、今度こそ勝てるのではないでしょうか?

呪術廻戦251話ネタバレ

呪廻術戦251話ネタバレを以下のリンクに投稿しました。 無料の閲覧とディスカッションのためにぜひアクセスしてください。➡ 呪術廻戦251話ネタバレ

Comments

タイトルとURLをコピーしました