呪術廻戦248話ネタバレ: 羂索の意思を継ぐ

呪術廻戦

呪術廻戦248話ネタバレ: 羂索の意思を継ぐ | 宿儺は、まず目の前にいるお前たちを全員殺し、次に死滅回游のプレイヤーを皆殺しにする、そして天元と有象無象の同化を済ませ、その出来次第、そいつと遊ぶとしようと、今の自分の考えを虎杖達に死刑宣告のように発表します。

スポンサーリンク

呪術廻戦248話ネタバレ: 羂索の意思を継ぐ

虎杖の進化

前回ラストにて日車から処刑人の剣を託された虎杖はそのまま宿儺に斬りかかりましたが…

どうやら、その刃が宿儺の肉体に届いた時には日車が絶命してしまったのか、宿儺には何の変化もなく、処刑人の剣は虎杖の掌の中でボロボロと崩れ去り、その風に攫われていく…

日車の奮闘と犠牲虚しく、作戦は失敗に終わってしまったわけですが、日車の事ですから何か爪痕は残しているのではないかと思いたいですね…

虎杖はそれを見て日車の絶命を知ったわけですが、悲しむ暇もなく宿儺が反撃を開始!

やはりスピードとパワーの次元の違いは明白で、虎杖は簡単に吹き飛ばされ、更に斬撃のオマケがついてくる!

虎杖は防御体勢をとりますが宿儺の斬撃を弾けるわけはなく、致命傷は避けられたように見えますがしっかりと斬られてしまう!

宿儺は『神無解』を失っていて、日車が死んでも尚それだけは持っていったかと薄ら笑いを浮かべていますが、これが後から何らかの形で効果があると信じたいですね…

宿儺は神無解を失った事を全く問題視していないようで、それより気になるのは以前に虎杖につけた傷が全快している事…

そこに憂憂と綺羅羅が現れて日車の遺体を回収して消えていきます。

宿儺はそれを確認しつつも攻撃したりせずに見送りますが、五条の遺体が消えたのもコイツらの仕業だと理解したようです。

宿儺は負傷した術師を家入の元に連れていき癒しているのかと考えますが、他者を治療する時には治癒効率が半分以下になる為、そうではないと判断…

宿儺は虎杖の傷が癒えている状況の理由について考えているようですが、憂憂達が虎杖を家入のもとへ運んだのではないとすれば、それは虎杖自身がこの1ヶ月の間に反転術式を習得してきたのだという結論に至ります…

実際に虎杖は自己治癒していますが、呪力による肉体強化だけでなく反転術式まで習得してきた虎杖に対して宿儺は認識を改めているようです。

また、乙骨の参戦も予想して少しは楽しめそうだと考えているようですが、何か心に違和感があるようですね…

宿儺の苛立ち

宿儺は今の状況に自分が苛立ちをおぼえていると感じているようです…

その原因は何かと考え、虎杖を前にして物思いに耽り始める…

虎杖は迂闊に攻撃できる相手ではないものの宿儺がぼーっとしていると感じ、様子を見ているようですが、虎杖にとって初めて見るような無防備さなんでしょうね…

宿儺は苛立ちの原因は日車の死に対する落胆なのかと考えますが、自分は他者に欲求を満たしてもらおうなどと考えた事はなく、自分は食らいたい時に食らい、目障りならば殺す、面白ければ遊んでやるという性格であり、それは変わらないから、原因は日車の死ではないという結論に至りますが、ならば何故、苛立つのか…?

他者は自分が死ぬまでの暇潰しに丁度いい存在に過ぎず、それが原因で自分が苛立つ事などは無いはず…

自分は自分の身の丈で生きているだけで、それを測れないのは自分以外の人間の問題だ…

強すぎる故の孤独を宿儺はそのように認識しているのだと思いますが、何かそれを変える影響のようなものを虎杖に感じているような雰囲気ですね…

今、虎杖達の理想は自分を殺す事であるはずだが、同じような理想を持ち挑んできた連中は千年前にもいた…

それと何の違いがあるのかと考えるに、自分が千年前と変わっているのだという事に行き着いたようです…

苛立ちの原因はやはり虎杖にあると宿儺は自覚したようで、それは同じ肉体に魂を同居させていた虎杖をよく知っているからこそわかる事であるようですが、虎杖は何度心をへし折っても再び立ち上がってくる百折不撓の理想を持っている…

自分より遥かに格下の弱者でありながらも理想を貫く意思の強さでのみ自分と並ぶ事を虎杖は知ってしまっている…

自分はそれがどうしようもなく不愉快に感じ、苛立っているのだと宿儺は苛立ちの原因を解明する。

それにより宿儺は自分が身の丈が大きすぎるが故に理想とは無縁であり理想を嫌悪する人間だったわけだと自分という人間の本質を改めて悟ったようです。

しかし、宿儺は自分が人間であるという認識を持っているのも少し意外に感じられますね…

人間であるなら、やはり苛立ちの原因を潰して心を平穏に保ちたいものですが、宿儺はやはり人間でるようで、嫌悪する理想を目の前から無くす為に何か始めようとします…

成り行きではなく、改めて明確に虎杖達の理想を切り刻む為に…

羂索の意思を継ぐ

宿儺は何か十字架型に光るものを出現させますが、それとともにあたりに異音が響き始める!

また、コガネが現れてプレイヤーによる死滅回游のルール追加がアナウンスされる!

天元による人類との超重複同化の発動権は伏黒恵が持つ事とする…

日下部は羂索から伏黒恵つまり宿儺に羂索の意思が受け継がれた事を悟り戦慄します!

宿儺は出現した十字架型の光の中にあった何らかの物体を掴み口の中にいれるとそれを飲み込んだようですが、この物体が発動権そのものなんでしょうか?

日下部は乙骨が羂索を倒したから今の状況に至ったのだろうと悟りますが、事態は思ってもみない方向に向かっている事も悟ります…

宿儺は羂索のように好奇心で異常な事をするようなタイプではなく人類を皆殺しにしたりしないと考えていた…

宿儺を倒せずとも羂索のみ倒せば倒せない猛獣がいる国で暮らすというだけで済むかと思っていたのに…

宿儺が羂索の意思を継いだという事は、やはり最悪の事態は避けられない可能性が極めて高くなってしまったと日下部は激しく落胆する…

宿儺は、まず目の前にいるお前たちを全員殺し、次に死滅回游のプレイヤーを皆殺しにする、そして天元と有象無象の同化を済ませ、その出来次第、そいつと遊ぶとしようと、今の自分の考えを虎杖達に死刑宣告のように発表します。

そこに乙骨が現れて宿儺に挨拶代わりの一撃を叩き込みますが、宿儺がそんな奇襲にダメージを受ける事などなく、宿儺も予想した乙骨の参戦を待っていたかのように反撃します!

やはり五条亡き後一番頼りになるのが乙骨であるわけですが、宿儺は乙骨にしっかりと踠き抗えと笑う…

自分を殺さねば、お前らが助けたい人間は全員死ぬ事になるぞと!

その言葉に激しい怒りを現し宿儺に攻撃するリカ!!

呪いの王と呼ばれる宿儺はリカを呪いの女王と呼ぶ!

呪いの頂点を決するような戦いがこれから始まるようですが、やはりリカの存在は非常に大きいですよね!

頭数も揃っているわけですから虎杖達は決して不利な状況にはないはず…

また、宿儺が徐々に人間に近い精神性に近付いているらしき事からしても、彼が人間ならば倒せない事はない…

人間の肉体を必要としている以上、宿儺も完全無欠ではないはずですよね!

ついに最終決戦という感じになってきたように思いますが、追い詰められた宿儺が暴挙にでない事を祈るのみですね!

呪術廻戦249話ネタバレ

呪廻術戦249話ネタバレを以下のリンクに投稿しました。 無料の閲覧とディスカッションのためにぜひアクセスしてください。➡ 呪術廻戦249話ネタバレ

Comments

タイトルとURLをコピーしました