呪術廻戦247話ネタバレ: 日車をなぶる宿儺

呪術廻戦

呪術廻戦247話ネタバレ: 日車をなぶる宿儺 | 宿儺は虎杖を排除したわけですから日車は宿儺とタイマン勝負しなければらならない状況になり、宿儺に対して処刑人の剣を凄まじいスピードで突きまくりますが、全てかわされてしまう!

スポンサーリンク

呪術廻戦247話ネタバレ: 日車をなぶる宿儺

虎杖を排除

前回ラストにて日車が五条悟に匹敵するような才能を持つ天才であると評価した宿儺…

術師として覚醒して数ヶ月で、今この場で宿儺を相手にして一瞬で殺されるでもなく生きているわけですから、それだけで凄い才能だと思いますが、日車は宿儺を仕留めようとしているわけですよね…

日車は言葉そのままに必死の覚悟で羂索・宿儺との、この戦いに臨んでいるわけですから、それも才能開花を助長しているようにも思いますが、やはり本当に天才なんでしょうね…

普通の人間には数年、数十年かからないと到達できないようなレベルに数ヶ月で到達しているという感じでしょうから、やはり天才には間違いない…

宿儺は日車が見せた領域展延の再現それ以上に展延による術式効果の中断と再開に目を惹かれたようです。

宿儺は自分も五条との戦いの際に展延を発動した時、それまでの魔虚羅の適応が無効ではなく中断になるように細心の注意を払ったようですが…

普通はそんなことは不可能で凡人には、できると分かってもできるものではないのでしょうが、日車はそれをすでにやれている…

今、処刑人の剣も展延を挿み術式効果を再開している…

つまり、宿儺は日車は限りなく自分と同じレベルで術式を運用できていると考えているようです!

宿儺は日車の才能を楽しみたいという感じですが、邪魔なのが日車を守る為に自分に迫りつつある虎杖…!

宿儺は自分が立っていた足場を崩し、階下を移動中の虎杖の眼前に瓦礫の雨を降らせ、日車に襲いかかろうとしますが、それを察して剣を構えてダッシュします!

しかし、その日車の頭を浮かせた瓦礫を操って押し潰そうとする!

そこに虎杖が間に合い、日車を襲う瓦礫を破壊して迫ってくる宿儺を迎撃しようとしますが、虎杖は左脇腹あたりに網目状の斬撃を喰らい、流血しながら階下に落ちていきます…

やはり虎杖には日車を守れるほどの力は無いのでしょうか?

宿儺に受けた傷は浅いものではなく、脇腹がズダズタになっているように見えます…

普通の人間なら数分と生きていられないような致命傷であると思いますが、簡単にこんなダメージを受けてしまうわけですから、やはりハナから勝ち目はないかと思います。

だから宿儺は虎杖との戦いには興が湧かないんですよね…

しかし、理由はそれだけなんでしょうかね?

日車をなぶる宿儺

宿儺が虎杖にそんな事を言う時、決まって妙に冷たい目をしますよね…

他の人間にはあんまりそんな目を向けないように思え、何か特別な理由がありそうですが、以前に言っていた過去に戦った経験があるらしき術師に関係があるのでしょうか?

それ以前に自分の器として付き合ってきたわけですから、何か親しみみたいな感情もあるでしょうが、虎杖は宿儺にとって何らか特別に嫌な存在なんじゃないかと思えます…

宿儺は虎杖を排除したわけですから日車は宿儺とタイマン勝負しなければらならない状況になり、宿儺に対して処刑人の剣を凄まじいスピードで突きまくりますが、全てかわされてしまう!

数ヶ月前まで弁護士だったとは思えない鋭く速い突きですが、体術にも才能があると言う事なんでしょうか?

しかし、やはり宿儺には全く通用せず、やはり単独で宿儺に処刑人の剣を刺すのは不可能そうな印象で、日車は突きをかわされて宿儺の打撃を連発で喰らい意識が飛びそうになるのを堪えながら、反撃しようとしますが、宿儺にバックをとられ、あの時空を切り裂く斬撃を喰らってしまう!

日車は右腕を飛ばされてしまい、流石に膝をついてしまう…!

宿儺はそれを見て、追撃する事なく『治してみろ』と言う…

おそらく日車の才能を試す為に致命傷を与えずになぶるつもりなんでしょう…

日車は片腕を失って感じる壮絶な痛みを味わいながら、笑みを見せる…

どんなに心が凍てつこうとも、どんなに覚悟を決めていようとも、痛いものは痛い…

痛みを感じて動きが止まると言う事は、やはり生きたいと言う意思が自分の中にまだあると言う事も感じて笑っているのだと思いますが、そういう人間らしい心があるからこそ、これ以上の犠牲者を出さない為に戦えるんですよね!

日車は自分には生きる資格はないと思っているようですが、彼が戦うのは死ぬ為にではなく、誰かを生かす為であるわけですから、どんな罪を犯していようとも、今を生きる資格はあるはずです!

少なくとも、宿儺に処刑人の剣を突き立てるまでは絶対に死ねないとは思っているはず!

日車は反転術式を使えないはずで、宿儺もそれを分かっているでしょうが、本物の天才ならばやってみせるだろうと、おそらく試しているんでしょうね…!

処刑人の剣は虎杖の手に

日車は立ち上がりますが、処刑人の剣を握るもう片方の腕を飛ばされてしまう!

宿儺は次は首だと言い『反転術式で治せ、わかるだろ?』という感じで日車が更なる才能を見せるのを待っているようです。

治せなければ死ぬぞと追い込みながら嗜虐的な笑みを浮かべる宿儺に対し、日車は改めて自分は今ここで役割を全うして死ぬべきだと思っていると胸中でそれを確認しているようですが…

しかし、自分の役割とは何か…

宿儺を処刑する事が自分の役割の全てなのか…とも考えていそうですね…

自分にはまだ他にもやるべき事があるんじゃないかとも感じていそうですが…

そこに、どこからか脹相の穿血が飛んできて、宿儺はそれを既で弾いて止めますが、一瞬そちらに注意が向いた際に日車は反転術式をやってのけ、右手を再生しつつ処刑人の剣を宿儺に突き出す!

剣は宿儺の右手を刺し貫く事に成功した…!

かに見えましたが、宿儺はその直前、刺された右手を手首から切断していた!

愕然とする日車を襲う宿儺の斬撃!

日車は日下部に死語に呪いが強まる事はあるのかと質問していたようですが、日下部はそれはないわけじゃないと答えていたようですが、先程胸中で呟いていた『俺の役割』は、それに関係があるようですね…

その時、宿儺の背後にはどうやってか復活してきた虎杖が接近しており、日車は胸から血を噴き出しながら虎杖に十字架か手裏剣くらいにまで凝縮した剣を投げて渡します!

虎杖は日車が笑っているのを見て何かを察したのか、後はまかせろというような目で日車に意思を伝えると、日車は『それでいい』と呟く…

虎杖は受け取った剣を宿儺の背中に突き刺そうとしますが、これが刺されば宿儺は本当に死ぬのでしょうか?

また、伏黒の肉体を取り戻す事はできるのか?

虎杖は何だか傷が塞がっていないのに血が流れていないようにも見え、復活してきたのも不可解ですが、とにかく虎杖と日車の役割は宿儺の滅殺…

それが成功すれば、二人はいつでも死ねる状況になるでしょうが、それまでは絶対に死ねない…

剣は宿儺に刺さるのでしょうか?

呪術廻戦248話ネタバレ

呪廻術戦248話ネタバレを以下のリンクに投稿しました。 無料の閲覧とディスカッションのためにぜひアクセスしてください。➡ 呪術廻戦248話ネタバレ

Comments

タイトルとURLをコピーしました