呪術廻戦245話ネタバレ: 秤が裏梅を本気にさせる!

呪術廻戦

呪術廻戦245話ネタバレ: 秤が裏梅を本気にさせる!『霜凪』は対象に過冷却状態の呪力をぶつける事により凍りつかせるという氷凝呪法の真髄と呼べる技みたいですが、秤はそれにより一瞬で右肩から腕を完全に凍結させられてしまう!

スポンサーリンク

呪術廻戦245話感想考察!|秤VS裏梅

秤VS裏梅

冒頭から場面転換で秤VS裏梅の様子が描かれる展開になっていますが、こちらも非常に楽しみな対戦になっていますよね!

裏梅はまだまだ力の底を見せていないと思いますが、それに秤が当てられた理由は一体何なんでしょうか?

高専側の術師達は全ての動きを綿密なミーティングで決めているようですから、秤が裏梅に当てられたのにも必ず理由があるものと思われますが…?

裏梅は宿儺と引き離された事により一刻でも早く合流しようと秤を瞬殺するつもりであるようで、秤に対して『霜凪』を繰り出す!

『霜凪』は対象に過冷却状態の呪力をぶつける事により凍りつかせるという氷凝呪法の真髄と呼べる技みたいですが、秤はそれにより一瞬で右肩から腕を完全に凍結させられてしまう!

秤はそれに対して『あ〜あ』とリアクションは薄いですが、凍らされただけでも相当なダメージがあるはずですよね?

裏梅は手のひらに過冷却状態の呪力を集めて、それに息を吹きかけるような形で秤に命中させていますが、まるで雪女の氷の息みたいですね!

氷の呪力を使うのは既に判明していましたが、今まで全くそれとは結びつかなかったですね…

裏梅は雪女イメージのキャラクターみたいな感じ!

裏梅は完全に凍結した秤の右肩腕に一撃叩き込み粉々にしてしまいますが、そこから更におそらく頭部を狙って霜凪を繰り出そうとしますが、秤は一瞬で右肩腕を再生し、裏梅の顔面を掴んで近くのビルにたたきつけ、ビルは一刀両断されてしまいます!

秤の再生能力が異常であるのも既に判明していましたが、それが更に磨かれているような雰囲気!

また、秤にこれほどのパワーがあるのにも驚きましたね!

しかし、やはり裏梅は非常に頑丈でもあるようで、全くダメージを受けておらず、すぐに体勢を立て直し、過冷却状態の呪力を練りながら反撃体勢に入る!

裏梅は秤の再生速度が尋常ではなく、それは宿儺や五条をも凌駕していると理解し、一筋縄ではいかない相手だと察したようです。

迫り来る秤に対して裏梅はおそらく霜凪とは違う形で、おそらく氷の矢か短槍みたいなものを作り出したのではないかと思いますが、それにより今度は直接、秤の腹部を引き裂く!

内臓が飛び出ているように見えますが、そんな事は意に介さず裏梅に向かってダッシュする秤!

どこからどう見ても絶対に痛いはずですが、コイツの痛覚は一体どうなっているのでしょうか!?

痛覚をお母さんのお腹の中に忘れてきたのでしょうか?

貴様を人とは思わん

内臓が飛び出すようなダメージを腹部に受けてもニヤけながら走ってくる相手は非常に不気味だと思いますが、やはり裏梅も今までに見せた事がない表情で対処に困っているという感じですね!

攻撃しても即座に再生するという相手には、それができないくらいの状態にまで追い込むしかないと思いますが、今のところ裏梅にはその方法が見出せていないように感じられます。

秤は裏梅にミドルキックをヒットさせますが、裏梅はこれを受け止めると一緒で秤の脚を凍らせ、そのままもぎ取っているようにみえますが、秤はこれも即座に再生して、もぎ取られたはずの脚を使って裏梅の顔面にドロップキックを叩き込む!

美形イメージの裏梅の顔面が無様に歪む様子には少しの笑気がこみあけますが、今のところは完全に秤のターンというところですね…

秤のドロップキックで吹き飛ばされた裏梅は近くのビルを貫通していますが、やはり秤は確実にパワーアップしているように感じますね!

また、裏梅を吹き飛ばした後、脚をもがれた際に無くしたらしき靴を探し見つけるという余裕を見せています。

しかし、裏梅の方はこれをキッカケに何か変化があったようです。

裏梅は秤に対する認識を改めるという…

現代の術師は人間であろうとする想いが強いが、その人間性を保つ為に自分の中に膨らむ異能を抱えながら壊せるモノを壊してはいけないと言いかせている…
しかし、その人間性を重んじるのは孤独を恐れる弱さだ…

裏梅は秤にそう語ります…

つまり、裏梅からすれば現代の術師は人間性を重んじるという事を言い訳に人間という枠からはみ出すという孤独から逃げているから人間を超えた領域に至る事はない凡人だと言いたいのではないかと思いますが…

裏梅は秤に関してはその弱さがないと判断し、貴様をもう人とは思わない…という。

それが認識を改めるという意味みたいですね…

二人は今は、ビルの中にいるようですが、裏梅は近くにある水道管を破裂させ、おそらく辺りは冷気に満ち、裏梅は背後に巨大な氷塊を作り出したようですが、それを使ってという意味か、秤を全力で潰すという!

秤は裏梅が口にした人間性というのは後輩からも似たような話を聞いたが流行ってるのかと軽口を叩いています。

裏梅は人間性の弱さのみを口にしていますが、おそらき秤は人間性を持つが故に生まれる強さを見せてくれるでしょうね!

宿儺は有罪

一方、日車の法廷では虎杖悠仁の三審が進行中!

日車は虎杖悠仁の2018年10月31日の大量殺人容疑について、彼は殺していない、二審での自白は思い責任感から出た虚偽の自白であり、真犯人は両面宿儺であるという…

また、ジャッジマンは領域内の者の全てを知っているが、その情報は自分には共有されないので、判決はあくまで我々三人の主張を元に下される事になっていると説明します…

日車はジャッジマンから提出された証拠に宿儺が虎杖の身体を乗っ取り残虐ない行為を行った事が記録されている事を確認し、大量殺人は虎杖の技量では不可能であり宿儺でないと出来なかった事も立証できる…

つまり宿儺を死刑にできると確信しているようです。

しかし、宿儺が口を開き『長い』と一言クレームをいう!

虎杖の中にいた時にルールは聞いて理解している…

自分が興味があるのは処刑人の剣だけであり、自分が有罪か無罪かなどには興味はないから、この無意味な裁判を早く終わらせろと言いたいようですね…

それはジャッジマンを怒らせたのか、ジャッジマンは宿儺を有罪にし、没収と死刑を宣告します!

それを受け、日車のハンマーが処刑人の剣に変化します!

日車は今の状況を整理します。

宿儺はおそらく五条との戦いで十種影法術の機能を失っており、没収は御厨子に適応される可能性が高く、宿儺は術式を使えない状況となり、自分の手には必殺の剣が握られている…

この勝機を絶対に逸する事は許されない!

また、このチャンスを待っていたのか、日車と虎杖以外にも日下部や脹相達が控えていたようで、動きはじめていますが、日車と宿儺はこれがハリボテの勝機だと気づきます!

宿儺は呪具を持っていますが、ジャッジマンの没収は対象が呪具を持っている場合は術式ではなく呪具を優先して没収するようです。

つまり、宿儺は術式を没収されていない!

それに気づいた瞬間、日車は日下部とともに宿儺の斬撃を浴びていました!

宿儺はこのルールさえ把握して、はじめから結果を想定していたのでしょうか?

頭が切れるのは確かですが、弁護士である日車よりも頭がいいという事になる?

これは日車の思惑が完全に外れてしまいましたが、逆転の芽はあるのでしょうか?

呪術廻戦246話ネタバレ

呪廻術戦246話ネタバレを以下のリンクに投稿しました。 無料の閲覧とディスカッションのためにぜひアクセスしてください。➡ 呪術廻戦246話ネタバレ

Comments

タイトルとURLをコピーしました