呪術廻戦244話ネタバレ: 宿儺を死刑にできるのか?

呪術廻戦

呪術廻戦244話ネタバレ: 宿儺を死刑にできるのか? 虎杖は自分と宿儺が入れ替わったのは高校、少年院、渋谷の3回であり、どう考えても宿儺は大量殺人していると思えますが、日車は正直厳しいという…

スポンサーリンク

呪術廻戦244話ネタバレ: 宿儺を死刑にできるのか?

日車による宿儺討伐の策

冒頭から、おそらく五条VS宿儺の前に行われていただろう戦略会議みいたなミーティング…

そこで高羽の役割について説明されています。

やはり人を殺す事ができない高羽が羂索の隙を作り、乙骨が刺すというのが元々の作戦…

そこに羂索がお笑い好きであるという要素が絡んで奇妙な友情?が生まれたりしたわけですが、この作戦は成功した後に乙骨が蜻蛉返りしてくれる事が必須だったようですが、そりゃあ乙骨は宿儺に控えなければならないわけですから当然ですよね!

また、日下部は宿儺討伐は総力戦になるが参加者を決めないといけないという…

鹿紫雲は総力戦なのに参加者を決めるとはどういう意味かと尋ねますが、日下部は出ても瞬殺されるような者が出ても意味がない…

総力戦の末に羂索と宿儺がどちらか生き残るとか両方生き残るとか色々なパターンがありうるが、それでも術師なら数日は生き残れる可能性があり、今から犬死にする事はないという事なんでしょう…

日下部は死ぬ覚悟がある奴、反転術式を使える奴、それ以外のサポートは無用だといいます。

実際、加茂は自分は役に立てそうもない、家族を連れて海外に逃れるつもりだと離脱しています。

結局、五条すら必勝とは言えない戦いでは誰にでも50%を大きく超える死の可能性があるのですし、誰にもそれを強いる事はできないし参加しなくても誰も笑ったりしないでしょう…

この戦いで死ぬ義務はないわけですからね…

五条の次に宿儺に挑むのは鹿紫雲仁決まっていますが、その次は俺が出ると日車が手を挙げる…!

同時に、自分の術式で宿儺の術式を没収するという策を口にしています。

鹿紫雲は自分の負け前提に話を進めるのがムカつくと言いますが秤になだめられていますが日下部は日車の話の続きを聞きたいようです。

日車は更に、死刑を取る事ができたなら処刑人の剣で宿儺と戦えるという、その先の直接的な宿儺討伐の方法を説明しますが、日下部は一撃必殺の剣はマジでありがたいが、没収も死刑も確実に取れるというわけではないと要素を問題視しています。

取れなければ、それこそ犬死になってしまう可能性が高い…

それなら確実に取れる状況に持ち込んでからそうした方がいい…
つまり、順番はまだなんじゃないかという意味になるかもしれないですし、状況に持ち込むという事はだれかが死ぬことになるわけですが、日下部はそんな風に考えているかも…?

宿儺を死刑にできるのか?

日車のジャッジマンは日車の意思をそのまま反映するわけでなく、宿儺のどの罪状を取り上げて裁くか分からない…

しかし、その罪状は殺人に直結している確率が高いと思えますが…

虎杖は自分と宿儺が入れ替わったのは高校、少年院、渋谷の3回であり、どう考えても宿儺は大量殺人していると思えますが、日車は正直厳しいという…

高校では虎杖の身体を乗っ取りと五条悟に対する殺人未遂…

少年院では虎杖に対する殺人既遂だが虎杖が復活しているから未遂の可能性が高いし、伏黒にも殺人未遂となる…

渋谷でもめちゃくちゃやっているわけですが、とにかく未遂とか既遂というものは死刑判決の決め手にはなり難いものみたいですね…

宿儺の指という呪物による被害では宿儺を罪にとうのは難しい…
間接的には宿儺のせいだが彼が教唆、幇助しているわけではない…

殺人罪は一人殺害すれば懲役10〜15年…

2人以上なら無期懲役か死刑…

3人以上は基本的に死刑…

と言うのが通例みたいですが、宿儺の行為は社会的影響が大きく更生も不可能と判断されるだろう…

宿儺は普通の裁判ならこれまでの罪状を全て考慮したら充分に死刑判決を受けて不思議ない状況ですが、ジャッジマンは一つ一つの罪状を取り上げて起訴する…

宿儺は器物損壊や建造物侵入というような細かい罪…

ジャッジマンがその角度から宿儺を起訴したなら、死刑さ非常に難しい…

日車は更に問題なのは1000年前の罪だという…

時効については時代によって変化しているし、仮にあの世が海外だと考えられると時効の進行が停止したりするなど、宿儺は非常に複雑な存在であるがゆえに詰みを裁くのさえ非常に難しいものがあるようですり

ジャッジマンは完全に制御できないが、あくまで俺の術式に備わっている式神であり、自分があり得なくないと思う事ならジャッジマンもそうである可能性があるともいう…

しかし、罪状を考えると有罪から没収というのは成立するだろうということになりますが、日車は没収と言っても宿儺からどの力を没収するのか分からないと答える…

ハマれば宿儺を倒せる可能性は高い策だが、成功率は全くの予想できないという感じですね…

しかし、虎杖は宿儺を確実に死刑にする方法があるかも知れないと何かを思いついたようです…

それを受けて虎杖と日車は宿儺に挑むことになっている状況でしたが…

調伏賜死

鹿紫雲の敗北の直後、畳み掛けるように宿儺の頭上に同時に姿を現した虎杖と日車!

冥冥のカラスによる援護を受け、宿儺に接近することに成功した二人は無言で宿儺に攻撃を開始しますが、虎杖は何故か宿儺と対等に格闘戦をこなせるようになっているようですね…

日車が縄で宿儺の腕一本を拘束し、虎杖は宿儺の腹部にパンチを打ちますが、宿儺はそれを三本の手で受け止めながらも何故かぐらついている…

宿儺も驚いているようですが、その虎杖に日車は『やり直しだ』と告げて領域展開します!

日車の調伏賜死が発動しますが、この裁判は虎杖の裁判の三審となっているようです!

これは先程虎杖が口にした宿儺を確実に死刑にする方法…

以前の虎杖の裁判に宿儺を巻き込んでやり直す!

これなら渋谷の大量殺人で宿儺を起訴できるんじゃないかという事であるようですが…

二人はこの裁判の前に色々と打ち合わせし、宿儺を真犯人にする準備をしたしているようですね…

ジャッジマンは虎杖悠仁は2018年10月31日に支部にて大量殺人を犯した疑いがあると三審を開始しますが、日車は虎杖は誰も殺していない、二審での自白は思い責任感に駆られて出た虚偽のものであり、その真犯人は宿儺であるというような形で審判は進むようですが、宿儺は不敵な笑みを浮かべています…

もしかしたら、宿儺は自己弁護できたりする要素があるのかも知れないですね…

まあ、宿儺には法律も裁判もへったくれもないでしょうが、領域に入ったからにはルールに従わねばならない…

お笑いの次は法廷闘争…

どう考えても宿儺は死刑ですが、ジャッジマンの法は宿儺を断罪できるのでしょうか?

呪術廻戦245話ネタバレ

呪廻術戦245話ネタバレを以下のリンクに投稿しました。 無料の閲覧とディスカッションのためにぜひアクセスしてください。➡ 呪術廻戦245話ネタバレ

Comments

タイトルとURLをコピーしました